カラダ × 知る × 習慣

ログイン

マイページについて

よくあるご質問


FAQ

夏場の高温時期は日中のポストへの投函を避けるとありますが、どうすればよいのでしょうか?

気温の高い状態での長期保存は尿や便の変質をまねきます。郵便局の窓口にて直接お出しいただくか、朝の集荷に間に合う時間にご投函ください。

- 検査前
検査依頼書を入れ忘れました。そのままでも良いでしょうか?

検査結果は、検査依頼書に記入いただいた住所にご返信いたしますので、必ず採尿管と一緒にご送付ください。もしも入れ忘れてしまった時はお問合せください。

- 検査前
検査依頼書を入れ忘れました。そのままでも良いでしょうか?

紙での結果をご希望の方は、検査依頼書に記入いただいたご住所にご返送いたしますので、必ず採尿管と一緒にご送付ください。ウェブで結果をご希望になる場合は、マイページにログインをして検査依頼のご入力を完了してください。

-
尿を送ってすでに2週間が経ちますが、結果が届きません。

投函後2週間が経ってもお手元に結果が届かない場合は、お手数ではございますがお問合せください。

- 検査前
便を送ってすでに1か月が経ちますが、結果が届きません。

投函後1か月が経ってもお手元に結果が届かない場合は、お手数ではございますがお問合せください。

- 検査前
結果をなくしてしまったのですが、再発行は可能でしょうか?

再発行させていただきますので、お問合せください。その際にご本人様確認のため、お名前・ご住所・生年月日をお伺いいたしますのでご了承ください。
なお、ソイチェックとシオチェックの検査結果はウェブ上でもご覧いただけます。詳細についてはマイページについてをご参照ください。

- 検査後
「ソイチェック」の結果、エクオールがつくれていませんでした。今まで大豆を毎日食べてきましたが、これからは大豆を食べても意味がないのでしょうか?

エクオールがつくれていない人も、イソフラボンの健康効果が全く得られていないわけではありません。大豆を継続的に食べ続けることで、エクオール産生菌を増やすことができる可能性もあります。また、大豆にはイソフラボン以外の健康成分も多く含まれていますので、ぜひ毎日大豆を食べる習慣を継続させてください。

- 検査後
エクオールをつくれていない人がつくれている人に変わることは出来るのでしょうか?

変わる可能性はあります。エクオールがつくれていない人には、2つのタイプがあると考えられます。
1.エクオール産生菌がいない方
2.エクオール産生菌はいるけれど、数が少ない
ソイチェックでどちらのタイプか見ることまではできませんが、2の方は食生活や腸内環境の改善によってエクオールを作れるようになる可能性があります。

- 検査後
どのような食生活をしたら、エクオールがつくれるようになるのでしょうか?

まず大豆を食べる頻度(回数)を増やすことが大切です。根菜や海草、キノコ類など、腸内細菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖が多く含まれている食事もおすすめです。どのような食生活が良いのか、まだまだ研究は進んでいませんが、これまでの研究では、緑茶をよく飲む人や魚油(ω-3系脂質)を多く食べている人にエクオールをつくれる人が多いことが知られています。

- 検査後
大豆をたくさん食べれば、エクオールの数値は上がるのでしょうか?

エクオールがつくれていない人が検査前に大豆をたくさん食べても、数値には変化はありません。エクオールをつくれる人は、検査前3日間の大豆摂取量によって、ある程度数値が増減する可能性があります。検査前だけたくさんの大豆を食べるのではなく、普段の食生活の中での結果を知っていただき、今後の健康づくりに役立てていただければと考えています。

- 検査後
チェックは定期的に受けたほうがよいのでしょうか?どのくらいの期間で受けると良いのでしょうか?

健康診断のように年1回のチェックをお勧めしています。腸内細菌やカラダが持っている抗酸化力は、年齢とともに変化することが知られています。定期的に自分のカラダをしって、健康づくりにお役立て下さい。

- 検査後
エクオール産生能は遺伝するのでしょうか?

腸内細菌によるものですので、遺伝とは関係ありません。食事などが似ている親子や家族では、似たような腸内細菌が存在する可能性もありますが、最近の研究では一人一人がそれぞれ異なっているという報告もあり、まだわかっていないことが多いようです。

- 検査後
エクオールをつくれていない人はどんな病気になるのですか?

エクオールをつくれないことで、何かの病気になるということはありません。ソイチェックは腸内細菌のタイプによって大豆イソフラボンの健康効果の違うことに着目した、生活習慣に気づきをもっていただくための検査です。もし体調で気になることがありましたら、医師にご相談ください。

- 検査後