豆腐や納豆などを意識して食べようかなとおもいました。 やっぱり日本人ですから!大豆をいろんな形で摂取できる国ですからね。

kijiphoto1-2
  • / 動物インタープリター
  • 奇二 正彦 さん
  • 使用した検査キット: ソイチェック,
立教大学卒。ニュージーランドの美術学校、JEEF自然学校指導者養成講座、動物カメラマン平野伸明氏の助手を経て、株式会社生態計画研究所主任研究員、NPO生態教育センター主任指導員。帝京科学大学非常勤講師。

Q1.普段自分で、意識している健康方法は?

カラダが資本な仕事をしているので、健康に対しては常に意識しようと心がけています。
果物や野菜を毎日食べるようにしていますし、いつもゆっくりと深呼吸し、よくストレッチします。
また、ネガティブな意識は、お客様だと思っておもてなしし、やんわりとおかえりいただいています。

Q2.ソイチェックの結果を振り返ってみて

・・・・豆腐や納豆などを意識して食べようかなとおもいました。
やっぱり日本人ですから!大豆をいろんな形で摂取できる国ですからね。
検査をして、結果を見て初めて意識することが多くありました。検査をしなければ、きっと大豆の事を見直さなかったかもしれません。

Q3.これから使用するユーザーさんに向けてのご意見。

自分で自分の体に耳を傾けると共に、
専門家に定期的にケアしてもらう習慣も取り入れ、足りない部分をうまく補いながら
生活を心がけることが大切かなと思います。
検査は一つのきっかけとしてとても有効だと思います。
めんどくさがらず、自分のカラダと向き合ってみる事をオススメします!

kijikatudo
インタープリターとは自然と人との「仲介」となって自然解説を行う人の事をいいます。奇二さんは、子供達に自然と向き合う案内人でもあります。ソイチェックも皆さんの健康と向き合う案内人でありたいです!