美しく健康でいるためにはまず自分のことを知ることが大切ですね。

image1
  • 40代 / 検査技師 (愛知県)
  • 三宅 智恵子 さん
  • 使用した検査キット: ソイチェック,サビチェック,シオチェック,
株式会社ヘルスケアシステムズ 検査技師
大学を卒業して以来、ずっと臨床検査技師の仕事をしてきました。ブランクは2人の子供を出産した後のわずかばかりの期間です。上の息子は産後8か月、下の娘は産後6か月で保育園に預けて働いていました。現在は子育てがすっかり終わり、週2回のテニスを楽しみにカラダチェックラボでがんばって働いています。

ソイチェックラバーズ20回目を記念して、今回は我が社の検査の要、三宅智恵子にインタビュー!
ソイチェック検査の様子は、ラボレポ!でもご紹介しています

Q.01:検査技師としてのキャリア、入社後のエピソードを教えてください。

私がヘルスケアシステムズに検査技師として入社したのは2011年。以前から郵送検査を行う企業で検査技師をしていたので、ソイチェックのような郵送検査のスタイルはすんなりと受け入れられました。実は、入社するまでエクオールのことも、ソイチェックのことも全く知らず…。入社当時はまだ世間でもエクオールという言葉が出始めた頃で、ラボに届く採尿管が1日1つあれば良いほうなんてことも。その後、各メディアでエクオールについて注目が集まり、ソイチェックもご紹介していただき、徐々に検体数が増えてきました。今年に入りエクオールがテレビで大々的に紹介され、ピーク時には1日600個を超える採尿管が届きました。3人がかりで検査しても次から次へと検体が届き、そのおかげで腱鞘炎になるほどでした(笑)

Q.02:ご自身でソイチェックを受けたご感想は。

初めてソイチェック検査を受けた時、エクオール非産生者と分かってちょっと、いえ…かなりショックでした。せっせと大豆食品を食べて何度も検査を受けましたがエクオールを産生することは今だにできていません。でもソイチェックの検査を受けて本当に良かったなと思っています。それは食生活を見直すきっかけになったからです。以前より大豆食品を気にして食べるようになりました。中でもわが娘の作ってくれる炒り大豆の甘辛炒めは最高です。食べだすと止まりません。娘も私と同様に非産生者ですが2人でせっせと大豆を食べ続けます。

Q.03:これから使用するユーザーさんに向けてメッセージをお願いします!

ソイチェック検査を受けてみようと思われる方たちは美や健康に対する意識が高く、日頃から食生活にも気を付けてみえる方が多いので非産生の結果を受け取られた方はがっかりされます。でもご自身の身体の状況を早めに把握され、今後の健康管理に多いに役立ててみえます。美しく健康でいるためにはまず自分のことを知ることが大切ですね。

ソイチェックの他にも、1日にどのくらい食塩を摂っているかが分かる『シオチェック』、活性酸素による身体のサビつき度が分かる『サビチェック』が今年発売され、
9月には自分の腸内フローラのビフィズス菌が分かる腸内フローラ検査『ビフィチェック』も始まります。

ラボはますます忙しくなりそうです。

ちなみに、私のサビチェックの結果は"やや低い"(5段階中上から2番目!)、シオチェックは"適正"(最高ランク!!)でした。みなさんの美と健康を応援しつつ、私も美しく健康であるようがんばります。

社内ではスピーディで確実に検査をこなすクールビューティな三宅さん。仲良し母娘ショットをいただきました☆