No.5ホルモンバランスを整える、冬におすすめのメニューを教えてください!30代 H恵さん

ソイチェックユーザーの方にはおなじみですが、大豆に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモン様作用が期待されています。

そして、女性ホルモンの原料となるのは「脂質」です。脂質は悪いものというイメージもありますが、体内で不足するとホルモンも作れなくなります。動物性脂肪を抑え、血中コレステロールを抑える働きのある、オリーブオイルやDHAを摂られることをおススメします。DHAは冬が旬のサバやブリなどに豊富に含まれています。

また、ホルモン代謝を促進するのは「ビタミンE」です。

ビタミンEは、ナッツ類、カボチャ、青菜類、アボガド、たらこなどに多く含まれています。大根の葉やかぶらの葉・小松菜などアブラナ科の青菜は、一年の中でも旬である冬が一番ビタミンEを豊富に含む時期です。

ここに挙げたものは一例です。基本は、脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランス良く取り入れた食事を心がけましょう。鍋が恋しいこの季節、具だくさんの豆乳鍋も良いですね。

教えて先生Q&A_レシピ

上西さんの〔冬におすすめ!女性ホルモン応援メニュー〕

◎青菜と油揚げの煮びたし

大根の葉やかぶらの葉・小松菜など青菜を5cmほどに切ります。油揚げは1cm程度の幅で切ります。 フライパンにオリーブオイルをひいて青菜としめじ、油揚げを炒め、出汁・みりん・酒・醤油で味付けして煮ます。油揚げを厚揚げにしても美味しいですよ。
♪ビタミンEは脂溶性ですので、油と一緒に食べることで効果的に吸収できます♪


◎ブリ(サバ)のにんにく照り焼き

みりんと醤油にすり下ろしたニンニクを混ぜ、照り焼きのタレを作ります。フライパンにオリーブオイルをひいて、ブリ(サバ)の切り身の両面を焼きます。魚に火が通ったら、照り焼きのタレを入れ、魚に絡めながら焦げないように注意して焼きます。冷めても魚の臭みを感じません。お弁当のおかずにもおすすめです。
♪ニンニクにはエストロゲン(女性ホルモン)の代謝をあげる「ビタミンB6」が多く含まれています♪

今回の教えて先生

OLYMPUS DIGITAL CAMERA株式会社デイツ代表 上西 智子さん
野菜ソムリエ、キャリアカウンセラー(CDA)
持続可能な社会をつくる組織と人を応援したいと2012年に株式会社デイツを設立し、心身共に健康で生き生きと働けるサービスを提供しています。元気に自分らしく働くためには体が資本です。毎月開催の「野菜de健康教室」では旬の野菜・果物を取り上げ、健康的に働くためのヒントをお伝えしています。

今回の【教えて先生】のいる施設

教室写真
株式会社デイツ〒 103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階
http://www.datescorp.com/
http://www.career-nihonbashi.com