カラダ × 知る × 習慣

ログイン

マイページについて

【腸活コラム】「便が透明な粘液混じり・・・」考えられる原因は?

1098501_s

「便が透明な粘液混じり・・・」考えられる原因は?

透明な粘液や色のついた粘液が混じっている便を見て、驚かれたことはありませんか?
便に粘液が混じるのは通常の排便でも見られることがありますが、排出される粘液の量や性状によっては腸内の異常のサインを示していることもあります。
今回は、便に粘液が混じっている時に考えられる原因についてまとめました。
 

便に混じっている粘液の正体は何?

 
便に混じる粘液の正体は、腸腺(小腸で消化液の分泌を行う器官)や腸の粘膜から分泌される腸液や腸粘膜が剥がれ落ちたものです。腸液や腸粘膜は、腸管の内側を湿らせて潤いを保ち、消化物や排泄物がスムーズに腸管の中を通過できるような働きを果たしています。普段の便にもゼリー状の少量の粘液は含まれていることもありますが、肉眼では確認できないこともあります。
一方で、「便に粘液が混じっている」と分かる時というのは、下痢や消化管に炎症が起きるなどの影響によって腸の粘膜が傷んで剥がれ、普段よりも粘液量が多く排泄される時だといえます。また、よく聞くことのある「粘液便」とは、粘液だけが排泄される場合や明らかに粘液が混じっていると分かる便のことを指しています。

腸管の場所によって粘液の性状や見え方は異なる

排出される粘液の性状や見え方によって、腸管(とくに小腸や大腸)のどの場所から排出されたものかを予測することもできます。
小腸からの粘液は水分の多い軟便や流動便に均等に混ざっていることが多く、大腸から排出された粘液は粗い綿状、直腸からのものは便の外側についていることが多いといわれています。
実際に便と一緒に粘液が排泄されるときは、血液も同時に排出され、いわゆる「粘血便」であることも多いです。
 

粘液混じりの便が見られる原因とは?

 
便に粘液が混ざっていると「何かの病気かも」と心配になりますよね。上述のように普段の便にも少量の粘液は混ざっているので、少量であれば問題はありません。しかし、粘液の量が多い、粘液便が続く、血液が混ざっている、下痢や便秘など排便習慣の変化が伴う場合は、消化管に不調があったり、過敏性腸症候群など消化管の疾患が見られる場合があります。いずれにしても医療機関への受診を検討されることをおすすめします。
ここでは、消化管の不調と消化管の疾患について説明していきます。

原因1:食あたりなどの消化管の不調がある

食あたり、水あたり、消化不良、冷え・ストレスによる下痢など消化管の不調が原因となり、粘液混じりの便になっている可能性が考えられます。
・食あたり:細菌やウイルスなどを含む食べ物によって起こる腹痛や下痢
・水あたり:細菌やウイルスに汚染された飲料水やカルシウムなどのミネラルが多い硬水を飲んだ時に起こる下痢や軟便
・消化不良:大量の食事やアルコール、刺激のある薬を摂取した後に起こる胃酸の分泌の乱れなど
・冷え・ストレス:精神的ストレスや身体の冷えが自律神経を乱し腸蠕動を活発にする
これらの原因によって消化管に不調が起こり、下痢や炎症が起こることで腸管壁を刺激し、粘液が便と一緒に排出されやすくなります。

原因2:過敏性腸症候群などの消化管の疾患がある

過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、大腸がん・大腸ポリープ、クローン病などの消化管の疾患が粘液混じりの便の原因となることがあります。
よく見られる疾患として、過敏性腸症候群と潰瘍性大腸炎について簡単に説明します。
過敏性腸症候群(IBS:Irritable Bowel Syndrome)は、腸が精神的なストレスや自律神経のアンバランスなどが原因で刺激に対して過敏になり、慢性的に便秘や下痢などを起こす病気です。症状として、腹痛や腹部不快感、便秘や下痢などの便通症状がありますが、それらの原因に大腸の器質的な障害(炎症・潰瘍・内分泌の異常など)が見られない腸管の疾患となります。
潰瘍性大腸炎は、大腸にみられる原因不明の慢性の腸炎で、大腸のもっとも内側の層にある粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍(皮膚や粘膜などにできる組織の欠損)ができる病気です。
いずれも症状の1つとして粘液便が見られます。
これらの過敏性腸症候群と潰瘍性大腸炎以外にも上記に挙げた消化管疾患が粘液混じりの便が見られる原因にもなります。
 

まとめ

 
便に混じっている粘液は、腸液や剥がれた腸粘膜が排泄されたものです。少量であれば問題のない可能性が高いですが、粘液が多量に排泄される場合や他に症状が見られる場合には、医療機関への受診を検討してください。
便の状態は体の健康のバロメーターでもありますので、あまり神経質になる必要はありませんが、日頃から便のチェックを行っていきましょう。