カラダ × 知る × 習慣

ログイン

マイページについて
たんぱくパッケージ_斜め_影あり小
たんぱく質充足検査

フレミーチェック

健康なカラダを作るために必要な栄養素「たんぱく質」。しかし、目標量に達している人は多くありません。たんぱく質が不足すると様々な不調につながり、「フレイル」という状態に陥りやすくなります。フレミーチェックでは、たんぱく質が目標量に達しているかを尿検査で簡単に調べることができます。

フレミーチェックについて


About fremycheck

あなたにピッタリのたんぱく質、摂取できていますか?
それを知ることができるのが、
たんぱく質充足検査「フレミーチェック」です。

 

たんぱく質の摂取目標量ってご存じですか?

アートボード-1-100

健康なカラダを作るために必要な栄養素「たんぱく質」。しかし、目標量※1に達している人は多くありません。たんぱく質が不足すると、様々な不調に繋がります。目標量は、性別・年齢・運動量によって変化します。たんぱく質を十分に摂取できているかわからない、不十分と感じる人が多いというアンケート結果も出ています。
※1厚労省設定のたんぱく質の摂取の目標量

 

たんぱく質を摂取できていないとどうなるの?

なやみ
たんぱく質の大切さ
たんぱく質は筋肉・骨・血液・肌などカラダの土台となる部分だけでなく、カラダの調子を整えるホルモンや免疫力の発揮に必要な抗体など、体調を調整する材料にもなります。そのため、たんぱく質が不足すると、様々な不調に繋がることが知られています。
また、筋力が衰えて「フレイル」※2という状態に陥りやすくなります。
※2 フレイルの原因は、筋力低下などの身体的要素、認知機能の低下やうつなど精神的・心理的要素、独居や経済的困窮などの社会的要素で構成されます。

 

フレイルとは?

フレイルとは将来的に日常生活でサポートが必要な要介護状態になるリスクが高い状態のことです。この状態を放置しておくと、要介護状態になってしまう可能性があります。
フレイル説明

フレイルを予防するには?
フレイルの予防には、下記の①栄養、②身体活動、③社会参加の3つが大切と言われています。

フレイル予防

 

フレミーチェックでわかること

この検査では、たんぱく質の現在の摂取量・目標量までの不足量・今後の活動レベルのアドバイス・不足分の食料の目安などがわかります。たんぱく質を十分に摂取できているか、検査をしてみませんか?

検査表1

検査表2

ご購入はこちら

バナー

 

フレミーチェックの流れ

AE_新キット同梱物-小

1.検査キットを購入

内容物をご確認ください。
<キット内容物>
1.たんぱく質充足検査について
2.検査の手順
3.検査依頼書
4.採尿キット
5.返送用封筒

検査の流れ1

2.検査を依頼する

下記の方法で、検査依頼をしてください。
同封の「検査の手順」から、検査依頼ページにアクセスし、必要事項を入力してください。(スマートフォン・PC可)
※WEBページをご利用になられない方はキットに同梱されている「検査依頼書」に黒のボールペンで必要事項を記入してください。

検査の流れ2

3.採尿してビニール袋に入れる

付属の採尿容器に尿をお採りいただき、しっかりフタを閉めて、ビニール袋に入れてください。

採尿容器の使い方を動画でご覧いただけます。採尿容器の解説動画(音声にご注意ください)
検査の流れ3

4.返送用封筒に入れてご投函ください。

キットに同封されております返送用封筒に、3.の採尿容器をいれてポストにご投函ください。

紙で検査依頼をされる方は、キットに同封されている検査依頼書に必要事項をご記入のうえ、採尿容器と一緒にお送りください。

検査の流れ4

5.結果が届きます

約2週間ほどで、検査結果を郵送いたします。