bifi_package_01
腸内フローラ郵送検査キット

ビフィチェック

おなかの中には100兆個もの腸内細菌が活動しています。健康に様々な影響を与える腸内フローラ。ビフィチェックでは、善玉菌(ビフィズス菌)と悪玉菌(クロストリジウム菌)のバランスを調べることで、腸内フローラの状態を便検査で調べることができます。

ビフィチェックについて


About bifi-check

あなたの腸内フローラ、今のままで大丈夫ですか?
それを検査できるのが
腸内フローラ郵送検査キット「ビフィチェック」です。
※写真は旧パッケージのものです

img_bifi01

私たちの腸内には、300種類以上、100兆個以上の細菌が棲んでいて日々活動しています。

多様な細菌が共生している様子をお花畑に例えて『腸内フローラ』と呼んでいます。

近年の研究の発展から、腸内フローラと私たちの健康や美容が関係していることがわかってきました。

腸内フローラの中で、私たちの健康に良い働きをするものを「善玉菌」、悪い影響があるものを「悪玉菌」と呼んでいます。

善玉菌代表ともいえる菌がビフィズス菌です。ビフィズス菌は、免疫機能を活性化したり、腸内のぜん動運動を促進したり、悪玉菌の増殖を抑える効果があります。

私たちの腸内では、生まれてから離乳期までの間に、ビフィズス菌が大部分を占める腸内フローラが形成されるのですが、その後の日常の生活習慣でビフィズス菌の数は変化し、さらに加齢とともに減少してしまいます。

 

img_bifi02
出典 「腸内細菌の話」光岡知足(1973)より改変

腸内フローラのバランスが崩れてくると、便秘や肥満、肌荒れ体臭の悪化など、様々な症状と関係することが研究で報告されています。
ビフィズス菌が棲みやすい腸内フローラを保つよう、普段の生活習慣に気をつけていくことが大切です。

ビフィチェックではあなたの腸内フローラのバランスが良いかどうかをスコア(点数)でお知らせします。

このような結果が届きます

ビフィ測定結果例_1

スコアの内容

ビフィ測定結果例_2

『今』の自分の体質と、『これから』の食事や生活習慣の対策を知ることができます。

banner_bifi_01

 

ビフィチェックの流れ

img_3step01_bifi

1.検査キットが到着

キットが到着したらまずは検査依頼書に連絡先などをご記入ください。

img_3step04

2.採便する

採便をしてください。手順は、同封の採便シートに記載されています。

[ポイント]
1.量は、小豆大程度になるようにしてください。
2.採便した容器のキャップは、カチッと音がするまでしっかり閉めてください。
3.容器は、同封のチャック付ビニール袋に入れ、日付とお名前をご記入ください。
img_3step02

3.返信封筒に入れて投函

返信封筒に、検査依頼書と採便容器を入れて郵便ポストにご投函ください。

[ポイント]
必ず「検査依頼書」を同封してください。入っていない場合は、結果の通知先がわからず、お知らせすることができません。
img_3step03_soy

4.結果が届きます

約3週間ほどで、検査結果をお届けいたします。

[ポイント]
検査結果に基づいて、「今日から始めるビフィ活のススメ!」も是非お読みください。

 

医療機関様向けの腸内フローラ検査も取り扱っております

bifi-p_info